鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 完結編:北九州でしたこと−その12

<<   作成日時 : 2014/07/03 17:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。


今回は「番外編:抜歯で顎骨壊死!?」の話しです。


あれは昨年の9月の中頃、九州での滞在も4ヶ月目を迎えて色々な
疲労&ストレスも重なり就寝中にギリギリと歯ぎしりをしたせいで刺歯
の根っこが割れてしまい膿(うみ)が溜まって歯ぐきが腫れて七転八倒!!
"o( ̄ヘ ̄;)。o0○ウ〜ムムム・・・←悪夢にうなされる、私。
(;`皿´)クゥオオオオ〜ッ ((o(>皿<)o)) ギリリリッ〜
↑ストレスで歯を噛み締める、私。


その際に叔父が診てもらっている鍼の先生の父上(内科医)に紹介し
てもらった大手町病院附属歯科で治療をしてもらいました。




さてさて、このお話に入る前に歯科治療についての長ぁ〜い曰(いわ)
く付きの前説がありますので、まずはそこから・・・。
ε〜( ̄、 ̄;)ゞ イツモノゴトク、話セバ長〜クナルンデスケドネ…
r( ̄_ ̄;) 良カッタラ、聞イタッテクダサイマセ。


前説:約2年前まで住んでいた都内S区で通っていたSデンタルオフィス
   でのお話です。

   担当のK先生は歯を削るのも上手だし、麻酔もあまり痛みを感じな
   いようにように打ってくれました。("Dentist"というのは技術職で、
   個人によってかなり技量に差があるのだなと実感。)

   また治療前説明も丁寧でしたし、私の素朴な疑問や不安に対して
   も納得できるまでちゃんと答えてくれる信頼できる良い歯科医師で
   した。

   。.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) 疑問ガアッタラ、何デモ聞イテクダサイネ!!
   ↑爽やかな笑顔で微笑むDDS(歯科医師)のK氏

   2010年8月頃に刺歯と歯ぐきの間の虫歯部分を削る際、歯ぐき
   を切って少しめくり上げて虫歯部分をきれいに除去するという治療
   をしてもらいました。

   普通は?めくった歯ぐきをくっつけて戻しておくと自然に元通りに治
   っていくものらしいのですが・・・私の場合、副腎皮質ホルモン剤の
   長期服用による副作用なのか?その部分が壊死(えし)してしまった
   のでした!!

   ( ̄∇ ̄;) エッ…←何とか笑顔を保とうとするK氏
   Σ(|||▽||| )ヒッ、壊死シテルッ!!←心の中で引きまくるK氏
   <(T◇T)>ウオオオ〜ッナンデダァ〜!!←頭ん中がパニくるK氏

   その事件?以降、K先生はエナメル質部分の治療はしてくれるので
   すが、抜歯しなくてはいけない3本の歯の治療をやんわりと拒否!

   ヾ(@°▽°@)ノ 抜歯ネェ…アハハハ←乾いた笑顔のK氏
   o(↑∇↑)ノ 抜歯ノ話シデシタヨネェ…アハハハ←力なく笑うK氏

   「同意書を書いてもらうことになりますけど・・・」云々などと言っては
   話をそらして抜歯をしてくれずそのまま1年以上放置され、挙句の
   果て「お年寄りなんかは放っておいたら歯が抜けちゃいましたって
   人もいるから・・・」と言い出す始末。

   播(≧▽≦*) 自然ニ抜ケチャウ場合モアルシ…アハハハ
   ↑内心「もう、コリゴリなんだよっ!!」と叫びたい気持ちのK氏

   「同意書だったらいつでも書きますので先生の所で抜歯してもらえま
   せんか?」と言う私のお願いはスルーされ続けました。
   (余っぽどビビったんでしょうね。)
   
   (`0´*)ノ"同意書ヤッタラ、イツデモ書キマッセ!!←食下がる、私。
   ( ̄-  ̄ ) ソォ〜デスカァ…
   ↑何とかうまくスルーできないか模索するK氏
   ( ̄_ ̄ )。o0○ムムム。。。←思案中、思案中。
   

   自分の技術や知識にかなりプライド&自信を持っていた先生だった
   からこそ、それが一瞬でも揺らいだ恐怖感?を体験してしまったら
   その後はあえて自ら進んで危険を冒したくないという気持ちが強くな
   ったのかもしれません。
   {{{{( ▽|||)}}}}ヒィエエエエェ〜僕ノプライドト自信ガ…
   ↑今までのプライドと自信が脅かされ、ドン引き状態のK氏
   (T-T*)ナンデ僕ガコンナ目ニ…←不運な出会い?に涙するK氏
   (w_−; ウゥ…デキレバヨソデ診テモラッテクレルトイイノニナ。。
   ↑心の中できっとこう願っているだろうK氏



そして、もう一つ抜歯治療拒否される決定打となったのが骨粗鬆症予防
として処方されたフォサマック(ビスフォスフォネート(BP)系薬剤)という
お薬なのでした。


この件について話し出すと更に長くなりますので、本日はここまでとさせて
いただきます。では、また。


次回に乞うご期待!?
┐( -"-)┌ヤレヤレ、ドウナリマスコトヤラ…
ヽ(∴`┏Д┓´)ノ彡☆一番ノ被害者ハ私ヤッチュウネン!!

   

ご参考:
ビスフォスフォネート(BP)系薬剤による顎骨壊死について:
http://aih-net.com/medical/depart/shika/patient/therapy/kotsuso.shtml

抜かずに放置案:
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1433127059

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
完結編:北九州でしたこと−その12 鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる