鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 完結編:北九州でしたこと−その3

<<   作成日時 : 2013/11/25 20:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。


今回は「どのようにしてセブンミール弁当資金を調達したのか?」
という話です。


前回お話しした叔父の経済状況(厚生年金の報酬比例分+基金年
金=7万円弱)では当該資金を捻出するのは難しく、何か良い方法
は無いものかと色々と調べてみたところ「年金の繰り上げ受給」とい
うものがあることを発見。
\\( ̄▽ ̄)// ワァ〜イ、good idea ミィ〜ッケ!!


参考:
「繰上げ受給」というのは、「本来(65才)の受給日を待たずに60
−65才の間でも繰上げて年金をもらい始める事ができる」という
ものです。
(詳しくは下記「日本年金機構HP」をご参照ください。)
 http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5539


「めんどくさいけぇ〜。」「もう、ええけぇ〜。」とお得意の「現状維持
&改善拒否フレーズ」を連発して同行を嫌がる叔父を手続のため
小倉にある年金事務所へと半強制連行したのでした。
(^--^#) マタ、オ得意ノフレーズデスカイナ!!
三( `┏o┓´)ノ☆( Д)゜゜アウッ!!←心の中でビンタする、私。


参考:
事前に電話で予約をしておけば、待ち時間も短く比較的スムーズ
に面談してもらえます。


叔父の場合、「年額約6万円減額」とのこと、月額に直せば5,000
円の減額となります。


減額されて損なような?気もするし、持病持ちだから早く貰っておいた
方が返って得なような?気もする微妙な額ですが・・・。
(/ヘ ̄、) ナンカ、ビミョ〜ナンヤケド…ネ。。


結果、「繰上げ年金+基金年金」で生活費:月額約13万円の受給とな
りました。(7月に手続に行ったので8・9月分からの受給で、振込日は
10月15日でした。)
d( ̄◇ ̄)b ヨッシャ♪倍額トマデハイカンケド、ソコソコノ成果チャウ?!
↑自己満足に浸る、私。


このぐらいの生活費があれば、(お金を気にせずに)身体に良いもの
を食べて生活してもらえるのではないかと思い、ホッとしています。
めでたし、めでたし??
o(`皿´o) (o`皿´o) (o`皿´)o ヤッタッタ、ヤッタッタデェ〜♪
↑最早ヤケクソ気味の私。


では、また。



追記:
叔父の持病:脳幹・小脳梗塞、胸部大動脈・椎骨動脈解離、他


シゲおじさん宅を掃除中、医師が親族(義父)に叔父の「病状:胸部大動
脈解離」について説明したであろう書類を発掘。

それによれば、内膜・中膜が破れており、まさに皮一枚(=外膜)で一命
をとりとめているとのこと。ヒェッ!!〜( ∇ |||)(||| ∇ )〜コッ、怖スギルッ!!
(●⌒∇⌒●) 胸ノハ、モウ、治ットルンヤナイカネェ〜。。
↑何の根拠も無い「自然治癒説」を唱える、超楽観主義の叔父。

これを読んだ私は、「血圧管理=塩分量管理」も大切だけれども、血管
を丈夫にするために「栄養管理=たんぱく質量管理」の方がさらに重要
なのではないか?と思い、「セブンミール弁当」を強く推奨した次第です。
(T-T*) 一度破レタ血管ガ、手術無シデ治リマスカイナ…。。
↑余りの無知さに涙する、私。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
完結編:北九州でしたこと−その3 鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる