鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 完結編:北九州でしたこと−その1

<<   作成日時 : 2013/11/17 17:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。


せっかくなので?私が北九州でU家のためにしてきたことをまとめてみ
ようと思います。(当初の訪問目的等々の事情は、「また北九州へ・・・」
2013/4/16、「またまた北九州へ・・・」2013/6/2をご参照ください)
(T−T (T−T ダイブン簡略化シテルケド、色々苦労シタデェ〜。。
(TmT)ウゥゥ・・・涙無クシテハ語レン!!


まずは、上記ブログ内でご紹介したU家2男の叔父(H15死亡)が残した
遺産相続処理についてです。


6月5日午前、法定相続人(3男・叔父、5男・叔父、姪M)たちとF銀行で
待ち合わせ。(他3名の相続人は署名・書類提出済だが、この場には
不参加)


上記法定相続人たちは先に来ており、一番後に私が到着。


姪のM女史、私を見るなり、「すみません!(電話では)失礼な事を言っ
て、すみません!」と平謝り。
(≧≦) ス、スミマセン!!


「い〜えぇ、最近は色々(な詐欺等々も)あっていきなり親族ですって言
われてもねぇ〜。」と、私。
(⌒-⌒#")ニコニコ...ヒクヒク(("#-_-)oセヤカラ、アンダケ説明シタヤロッ!!
↑思い出しても腹が立つ仕打ちに内心怒り心頭の、私。


「本当にすみませんでしたっ!!」と更に謝る姪M女史。
m(。≧Д≦。)m本当ニ、スミマセン!!
ペコm(T∇T m)三(m T∇T)mペコ ←ひたすら謝り続ける、姪M女史



さて、つまらない「憂さ晴らし」はこのぐらいにして本題に入ります。


F銀行側から提示された下記の書類に姪M女史が最後に必要事項を書
き込み、実印を押印。持参した印鑑証明書を添付して手続完了。

1.相続人確認表 3通
2.相続関係届 1通
3.戸籍・除籍謄本または住民票 18通
4.印鑑証明書 6通

参考:住所・氏名等々を記入する際に一字でも住民票にある現住所の
   記載と違っていると、相続人全員の訂正印(実印)が必要となり
   ますので鉛筆で下書きをした上で記入される事をおすすめします。
   実印のにじみ・カスレ等々も同様ですので、くれぐれもご注意を。


当該相続人の中から代表者を決めてもらい、その人の口座に全額を振込
むとのことだったので、シゲおじさんのN銀行口座に振込むよう手続きをし
て終了。
( ̄ー ̄?).....??アレ??意外ニアッサリ終ワッチャイマシタケド…


「一週間程で指定口座へ振り込まれる予定です。」とのこと・・・。
(¬、¬) エッ、ソ、ソウデスカ??
(;¬д¬) 何ヤロ、簡単終ワリスギテ…←何故か不安になる、私。


その後、「明日、口座に入金予定です」とか「○月○日に振込されます」
等々の電話連絡も一切なく・・・。
(|||ノ`□´)ノオオオォォォ〜アンダケ苦労シタノニ、何ノ事前連絡モ無シカイ!!


何日か後にシゲおじさんの通帳を記帳してみたら、2日後の6月7日付け
で全額が振込まれていたという何だか肩透しを食わされたような結末で
した。
這(⌒◇⌒;) エッ、モウ入金サレテルヤン!!
ヾヾ(`ε´ ○)〃何ンヤネン、コノ結末ハッ!!
↑本当は一件落着して喜ぶべきところなのに何故かイラつく、私。


銀行側にとっては、振込後のお金が法定相続人にちゃんと法律どおりに
分配されたかどうかなんてあんまり関心がないみたいです。(当然、「アン
タらちゃんと分けたんだろうね!」っていう確認の電話もありません。)
┗(`o´)┓アホッ┏(`○´)┛ボケッ┏(`o´)┓マヌケッ┗(`O´)┛ヒョットコ南京
カボチャッ!!←何故か怒りがおさまらず踊り出す、私。


自分の銀行がトラブルに巻き込まれないように必要な書類を提出さえして
もらっていればOKということなのでしょうね。
(^--^#)ソォ〜デッカ、ソォ〜言ウ了見ヤッタンデスネェ〜。。


はぁ〜、疲れましたわ。。
<(; ̄ ・ ̄)=3 マア終ワッタカラ、エエンデスケドネ。


では、また。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
完結編:北九州でしたこと−その1 鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる