鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 死後の世界!?−こぼれ話5の9北九州での道−

<<   作成日時 : 2013/02/10 15:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。北九州から戻って以来、毎日、自分の体調回復に勤しんではお
りますが、中々疲労が抜け切りません。
 ( ̄。 ̄)ボーッ、疲レガ抜ケン…


さて、今日は前回(1月28日(水)〜)の訪問でシゲおじさんの部屋から発掘
?した文書類等々をホテルに持ち帰り整理をした時のお話です。


おじさんは、テレビ台の下からガサゴソと医療費の領収書を引きずり出し、
ドサッとこたつの上に書類の山を置いてくれました。
 (T∇T )( T∇T) コ、コンナニィ〜!!


私は、それを袋に詰めてホテルに持ち帰ったのですが・・・。


整理をしようと袋を開けたところ、何やらガサガサという音が!!見ると、な・何
とゴキさんが一匹!! ΣΣ┗(|||`□´|||;;)┛オアッ!!ギャアアア…!!


「ギャ〜アアッ!!」と叫びつつ、足はゴキさんの入った袋を何度も踏みつける
残忍な私。 \(`O´θ/キ〜ック、コレデモカッ!!クタバレッ!!☆/(x_x)θ


ご臨終になったゴキさんを丁重にゴミ箱に葬った後、整理作業に入ったので
した。 ~~│Д (-人-;) ドーカ、成仏シテクダサイ…


取りあえずは、102歳で大往生したSおばあちゃんのものとシゲおじさんの
ものに大分類した後、医療費関係と年金関係、その他で中分類しました。


その後、優先順位の高い(滞在中にM区役所で申請するつもりだった医療
費でH23年の)領収書を年月ごとに小分類してクリップ留めしました。


お年頃?で小さい字が見えにくい私は、目立つように付箋にマジックで年月
を大きく書き自分なりに整理しやすいようにして、何とか無事整理が完了。


その領収書の山を持って、2月5日(火)午後から降った冷たい雨の中、(最
近は本人が申請するのでないと委任状が必要なため)不自由なおじさんを
引き連れてM区役所・国保年金課へ行きました。


「「限度額適用認定」を受けているようなのですが、こんなに医療費を支払っ
ています。さらに支払った医療費が少しでも帰ってこないかと領収書を持参
しました。どうにかなりませんか!?」とブッチャケて相談してみました。
 (T人T)(T人T) ドーニカ、ナリマセンヤロカ!?


職員さんは領収書とPC画面をニラメッコし、何やら比較している様子。その
後、領収書のコピーを取り、ポンポンと「高額療養費申請済み」という赤印を
押してくれました。


どうやらいくらかは還付されるようです。「総額でいくらくらいの還付になりま
すか?」と尋ねると「現段階ではきっちりした額は分かりません。今見た内の
一枚からは¥18000くらい戻って来ますよ。」とのこと!!


¥1000でも戻ってくれば御の字と思っていたので・・・おじさんと二人で顔を
見合わせ、「おおっ〜!」と思わず驚きの声をあげてしまいました。
 Σ(゚□゚ノ)ノエー!Σ(*゚◇゚*)ウッソー!Σヾ(*゚○゚)ノホントー!
 v(T▽T)(T▽T)vイエーイ、ヨカッタ、ヨカッタ〜。


いやぁ〜、言ってみるもんですね。一体総額がいくらになるかは不明ですが
申請書におじさんの住所・氏名・振込口座先を記入して帰って来ました。


一先ずは、メデタシ、メデタシです。
 \(▽ ̄\( ̄▽ ̄)/ ̄▽)/ヤッタァー!!


では、また。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
死後の世界!?−こぼれ話5の9北九州での道− 鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる