鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 死後の世界!?−こぼれ話4:医療費控除−

<<   作成日時 : 2013/01/11 12:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

おはようございます。


早速、今日のタイトル「医療費控除」のお話から・・・

医療費控除とは:
 ・控除対象:通常、税金を納めている本人+その扶養家族(配偶者、生計
  を一にしている親族)が、その一年間(1月1日〜12月31日)に支払っ
  た医療費。
 ・仕組?:自己負担額が合計で10万円以上になると、それを超えた部分に
  ついて(200万円を限度として)所得税から医療費控除が受けられる。
  *年間総所得金額が200万円以下の場合:所得の5%以上
   例:150万円→7.5万円


さて、話を一旦中座して、「基礎知識」として常識的なことなのでしょうが・・・
「税金を納めている・・・」「所得税から医療費控除が受けられる」という語句
について少し掘り下げます。


(ご愛読者の皆さまなら、すでにご承知ごとく)「勇み足体質?」の私は、早
速、「医療費控除」について北九州市M区税務署に電話をかけて問合せを
してみました。 ((((((((((スタタタッ ヘ(* - -)ノ←超・勇み足体質の私。


「とにかく(払い過ぎているであろう医療費を)1円でも多く返金してもらうぞ!」
という意気込みだけで突っ走っていた私ですが・・・。
 (-_☆)キラーン、返シテモラウデェ〜。。


電話終了後、気持ちが落ち着いたところでフト気になったのが、上出「税金
を・・・」「所得税から・・・」という件(くだり)でした。 (・・∂) アレ???


「そりゃ、そうだ。返してもらうということは、その前に払ったお金(税金)が
なければ、ダメだよなあ!!」と至極(しごく)当り前のことに妙に納得したので
した。 ソウ言エバ、ソウヤワナァ〜(・o・)ゞ ヾ( ̄o ̄;)オイオイ、当リ前ヤロ!!


電話応対していただいた職員の方は至って冷静で、「一番大切なのは、そ
の当時の「源泉徴収票」を見つけることですよ。」と何度も念を押してくださ
いました。 ( ̄(エ) ̄)ノ” アリガトサ〜ン。。

*源泉徴収票(げんせんちょうしゅうひょう):
  給与・退職手当・公的年金等の支払いをする者が、その支払額及び源
  泉徴収した所得税額を証明する書面。

*源泉徴収:給与・報酬などの支払者が、それを支払う際に所得税などを
  差し引いて国などに納付する制度。

(以上、ウィキペディアより引用&抜粋)


つまり、シゲおじさんの場合で言うと、60歳で会社を退職するまでは「(給与
所得の)源泉徴収票」、退職後は年金生活者なので「(公的年金の)源泉徴
収票」を発掘する?(どうやら部屋の何処ぞに埋もれているらしい・・・)とい
うことになります。


しかしおじさん曰く、「う〜ん、そんなの無いよ。」「どこに行ったかねぇ〜。」
って・・・。
 (--、) → (w_−; → (T^T) → (┬┬┬┬_┬┬┬┬)
 無言で涙に暮れる、私。↑↑↑


今まで、独り気ままに生きてきたシゲおじさん!!・・・こんなことはまだまだ序
の口でしょうが・・・先が思いやられそうです。
 何ンカ独リ相撲取ッテル様ナ気ガ…...ρ(。。、)ヾ(^-^;)イツカ報ワレルト、良イネ〜。。


続きは、また次回。 アハハハ!!q(T▽Tq)(pT▽T)pアハハハ!!
 成果を期待し過ぎて空しくなった、私。↑↑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
死後の世界!?−こぼれ話4:医療費控除− 鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる