鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 顎関節症&噛み締めグセについて

<<   作成日時 : 2012/12/26 11:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

おはようございます。 (ヾ(´▽`)ノオハヨウ(o´_`)o)ペコッ


相変わらず、寒い日が続き手指が冷え過ぎて痛いです。
(。>0<。)ビェェ〜ン、痛イヨ〜。。


さて、今日はダンナさんの整体院のCMも兼ねることになってしまいそうです
が、良かったら読んでやってくださいませ。 (=´ー`)ノ ヨロシク


以前、「痛くない整体!?」シリーズ(11月11・12・13・14日)でお話したこ
のヘナチョコ手技?を駆使しておこなう整体、「症例集&体験者様の声」と
して「肩こり・首の痛み/腰痛/ぎっくり腰/頭痛等々」色んな症例が載っ
ています。
 (-_-;)/(+_+;)\(-_-;) オイオイ、何回「ヘナチョコ」ッテユータラ気ガ済ムネン!


自らの良くなった体験に基づき、この症例集に是非とも加えてもらいたいの
が「噛み締めグセからくる首&肩こりの軽減」です。


私は20代の始め頃「顎関節症」になったこと+持病で「シェーグレン症候
群」様の症状が強くなり、ドライマウスから虫歯になりやすく、40代で義歯
となってしまったこと等々が原因で「噛み締めグセ」が酷(ひど)くなりました。


上下の歯をどの位置で安定させたら良いのかが分からなくなってしまい、
無意識のうちに常に上下の歯を噛み締めていたようです。


そのため顎(あご)周辺や側頭部の筋肉が常に緊張した状態となり、首こり
→肩こりの連鎖を起こしやすかったのだと思います。


口を開いたり閉じたりする際に左右に歪んだり、ガクッツ、ガクッツとなった
りするし、精神的ストレスがある時などは朝起きると(噛み締めて寝ていた
のか?)歯と顎が痛いことがありました。


そんな症状が酷い時には、寝る前にダンナさんに無料施術をしてもらうの
ですが、これが意外に効いて?朝起きると少し楽になっていたりします。
 オイオイ...( ;・_・)ッ( ゚ー゚)意外ニ効クヤン!?


私の個人的感想ですが、「顎関節症&噛み締めグセ」で緊張した筋肉を
緩めて症状をを緩和しつつ、顎のガクガクを少しずつでも矯正てくれる施
術というのは、私の知っている限りではこの「ヘナチョコ手技」と「長野式鍼
の帯脈(たいみゃく)処置」だけです。(知らないだけかもしれませんが・・・)
 ヘ(__ヘ)☆\(^^; 褒メテンノカ、貶シテンノカ、ドッチヤ?


これって貴重じゃあないですか?何でもっとPRしないのかが不思議です。
何せ「ヘナチョコ」ですから痛くないんですもん!貴重ですよね!
 ~(・・?))(((;・・)?サ〜テ、私ハ何回「ヘナチョコ」ッテ言ッタデショウ!?


では、また。 βyё βyё...φ(・ω・ )

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン
顎関節症&噛み締めグセについて 鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン
2013/07/06 06:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
顎関節症&噛み締めグセについて 鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる