鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「和温療法:Waon Therapy」について

<<   作成日時 : 2012/12/12 11:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

おはようございます。 (b*^0)d (ノ*^▽)ノ オッハー♪


今日は、昨日「温め効果について考える」でお話した「和温療法」について
もう少しお話したいと思います。
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~intmed1/waon-therapy/index.html


上出のHPの中に、「闘病中のみなさんに見ていただけたらきっと励みにな
るだろうな。」と思う箇所があるので、ご紹介させていただきますね。
パチッ☆-(^ー'*)bミテネェ〜♪


HPホームの右上「メディア紹介」をクリックすると、スーパーマンの変身用
電話ボックスのような簡易乾式サウナが出てきます。


そのページを下の方にスクロールしていくと「和む笑顔の医療 和温療法」
というところがあり、8つの動画が見れます。


項目は下記のとおりです。

1&2.宮崎教授(元NHKアナウンサーによる)インタビュー
3.心不全の症例
4.閉塞性動脈硬化症の症例
5.慢性疲労症候群・線維筋痛症の症例
  (HPでは「繊維」となっていますが、正しくは「線維」です。)
6.慢性疲労症候群の症例(2)
  (私の通院しているJ医院が出てきます。)
   ↑モロに名称が出てきているのでJとしている意味がない!!
7.和温療法について
8.これからの医療 福寿医療について


鹿児島弁で語る鄭先生の何とも仄々(ほのぼの)とした人柄が窺(うかが)
えて和みます。 =^-^=フフ、ナゴムデェ〜♪


4.では、閉塞性動脈硬化症で第5指以外の右足指を切断した患者さんの
潰瘍が治っていく経緯を画像でみることができます。ちょっとグロテスクで
はありますが、医療関係者の方が見ればその回復ぶりに驚かれることと
思います。
(この病気の患者さんがこの様な状態(潰瘍)になってしまった場合、通常?
「下肢切断」を言い渡されることが多いようですので・・・)


5&6.では患者さんへのインタビュー場面があります。その中で私の印象
に残ったのは、患者さんの笑顔です。


病気の症状が重い時は、なかなか笑顔になるということ自体が難しいもの
ですが、インタビューの最中に自然に笑顔や笑い声が出ていることに感動
します。 o(TヘTo) カ、カンドーヤ!!


それだけ、患者さんたちの心と身体に余裕が生まれている=快復している
証拠なのでしょうね。 ♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ ヨカッタ、ヨカッタ♪


では、また。 ヾ(=・ω・=)o☆バイバイ☆ヾ(=・ω・=)o

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ メンズ
「和温療法:Waon Therapy」について 鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/07 05:12
VISVIM 通販
「和温療法:Waon Therapy」について 鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM 通販
2013/07/10 07:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「和温療法:Waon Therapy」について 鍼灸師:ひろponの膠原病・闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる